【Golang備忘録①】 - OS固有処理への対応 -

Goでは標準パッケージだけで、ほぼほぼOSの区分なしに実装できる。 しかしそれでもWindows/Linux固有の実装というのは付きまとう。

Goでは2つの対処方法がある。1つ目はrntime.GOOSによるOS判定による方法。
2つ目はBuild Constraintsを利用したビルド時にOS振り分けを行う方法。

runtime.GOOSを使う

runtime.GOOSには実行されるOS名が格納されている。

OSに依存した処理を分けて書きたい場合、パッケージの依存やOS特有のAPIなどが現れない場合に限りruntime.GOOSを判定して処理を分けることができる。

// 例えば、bat or shellを実行するコードの場合

var cmd exec.Cmd

if runtime.GOOS == "windows" {
	cmd = exec.Command("cmd", "/c", "myapp.bat")
} else {
	cmd = exec.Command("/bin/sh", "-c", "myapp.sh")
}

err := cmd.Run()
if err != nil {
	log.Fatal(err)
}

GOOSで取得できる主な値の一覧

OS
Windows windows
Linux linux
Android android

solarisとかfreebsdとかあるけど割愛。(WindowsとLinuxあれば大体なんとかなるでしょ。)

Build Contraints を使う

Build Contraints とはGoのソースコードをビルドする際に指定できる条件識別、またはそれを使用したビルドの手順を指す。

Goでは次の2つの規則を使用して各環境においてビルドに含まれるソースコードを明示できる。

  • ファイル名による指定
  • +buildコメントによる指定

ファイル名による指定

次のファイルが置かれているディレクトリで go build を実行すると、Windowsではcommand.goとcommandwindows.goが、Linuxではcommand.goとcommandlinux.goがコンパイルされる。

  • command.go
  • command_windows.go
  • command_linux.go

runtime.GOOSで取得できる値で指定している。

OS識別以外にCPUアーキテクチャによる指定もできるがまず使わないと思う。

+buildコメントによる指定

ファイル単位で+buildコメントを使用して条件を書く方法。

各OSやアーキテクチャに従ってコンパイル対象となるソースファイルを定義または、コンパイル対象から除外するといったことができる。

// +build[タグ]

package main

+build コメントの下は必ず1行空ける。

// 使い方1 Windowsであること
// +build windows

// 使い方2 Linux(とAndroid)ではないこと !はNOTの意味
// +build !linux

// 使い方3 LinuxまたはWindowsであること , 区切りで複数条件
// +build linux,windows

※ linuxを指定するとAndroidも含まれてしまう。

Androidは含みたくない場合は以下のように明示的にする。

// +build linux,!android

コンパイル対象から外す場合は ignore を付与する。

この場合、go run 以外できなくなる。

// +build ignore
arrow_back

Previous

Findy スコア60 到達しました ^ - ^

Next

VS Code ショートカット チートシート
arrow_forward